No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » ウソ?ホント?脇の黒ずみウワサの真相 » ワキガだと黒ずみになりやすいってホント?

ワキガだと黒ずみになりやすいってホント?

ワキガの人は黒ずみができやすいというウワサもあります。どうしてニオイがあるとワキが黒くなっていくのでしょうか?このウワサ、果たして本当なのでしょうか?

ワキガの人は黒ずみも人よりひどい?

結論から言えば、ワキガだからといって黒ずみができるということはありません。しかしワキガのケアによって黒ずみができてしまうことはあります。

ワキガの人はニオイを抑えようと制汗剤などを脇にスプレーしたり、塗ったりすることが多いようです。ワキの黒ずみの原因の一つは刺激ですが、制汗剤が刺激になっている可能性があります。

刺激を受けると肌は乾燥し、乾燥するとメラニンが活性化して肌は黒ずんでいきます。顔だけでなくワキも、常に潤いを与えることが大切なんですね。

しかし潤いを取るかニオイを抑えることを取るかとなったとき、ワキガの人は後者を選んでしまうようです。

制汗剤が肌に悪い理由

制汗剤には香料や添加物、アルミニウムなどが配合されていますが、これらは肌には刺激となります。ただでさえ刺激になるのに、ワキガの人は一般の人の何倍も制汗剤を使用する傾向があるようです。すると肌はどんどん乾燥していきます。

乾燥だけではありません。アルミニウムは一説には、乳がんの原因になるとも言われています。決して人体にとって良いものではないのです。

黒ずみを作らないために、また健康を害さないためにも、まずはワキガの根本的なケアを行いましょう。ワキガの治療方法は多く、脇毛を脱毛することで改善されるケースもあります。

レーザーやボトックス、手術など方法はさまざまあるので、くよくよ悩むよりも専門家に相談してみましょう。

ワキガはワキガ、黒ずみは黒ずみのケアを

ワキガ対策とは別に、黒ずみケアもしっかり行いましょう。まずは刺激を与えないこと。乾燥を防ぐことが大切です。

ワキ専用のジェルやクリームには、メラニンの活性化を抑え、乾燥を防いで保湿をし、ターンオーバーを正常にする働きがあります。

殺菌作用や抗炎症作用もあり、さらりとした使い心地のものも多いので、ニオイもある程度は抑えることが可能です。ワキのニオイも一緒に抑えるものもあるので、自分に合いそうなものを探してみるのもいいでしょう。

TOPへ戻る