No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » ウソ?ホント?脇の黒ずみウワサの真相 » 黒ずみが服にうつるってホント?

黒ずみが服にうつるってホント?

ワキに黒ずみがあると、服の脇の部分が黒くなる。こんなウワサもあるようです。黒ずみが服にうつるなんていうことは考えられませんが、ウワサが出るのには理由があるようです。

ワキの黒ずみは服も汚す?

皮膚の黒ずみが服にうつるようなことは、普通はありえません。例えばバストトップが黒ずんでしまった場合、ブラジャーが黒くなってしまうなんていうことはないですよね?しかしワキの場合、黒ずみはうつりませんが服が汚れやすくなることはあります。

白いTシャツやYシャツのワキの部分が黄ばんでしまったり、茶色く変色してしまったことはありませんか?もしくは、そういう人を見たことはありませんか?

ワキの黒ずみがダイレクトにうつってしまったわけではありませんが、これはワキの汗や脇にある古い角質が原因になっています。

もちろん誰でも汗はかくものですし、古い角質がたまっていないワキの人でも服が黄ばんでしまうことはあります。ただし黒ずみを抑えれば、服が汚れる可能性を減らすことができます。

黄ばみの原因は汗と角質

黒ずみの原因である古い角質。これが服につくとなかなか落ちない汚れとなります。ひどい場合は漂白するしかありませんが、汚れている部分に台所用洗剤をかけてブラシなどで軽くこすることで汚れを落とすことが可能です。服を傷めるのがイヤな人は、クリーニングに出してしまいましょう。

そして根本的な解決方法として、古い角質を溜めないことが大切です。汗は仕方ありませんが、黒ずみは専用のワキケアクリームなどによって徐々に改善させることができます。黒ずみが改善されるということは、古い角質も取れるということです。

ワキ専用のクリームやジェルの中には、ワキの下をサラサラに保ってくれるものもあるので、汗もある程度は抑えることが可能です。

制汗剤が服にシミをつくるケースも

洋服のワキの部分の黄ばみや黒ずみでもう一つ考えられるのが、銀イオンを配合した制汗剤です。制汗剤を使うことで汗は抑えられますが、銀イオンが服についてしまうと茶色っぽいシミができてしまいます。

こちらも洗濯で落とすのは大変です。酢につけおくことできれいになるという説もありますが、完全に落とすのはなかなか難しいようです。

こういった制汗剤のシミに古い角質、汗が混ざってしまえば、お気に入りの白いシャツも台無しです。前ページでもワキガと黒ずみの関係について書きましたが、制汗剤はできるだけ使わないのがベターです。どうしてもニオイが気になる人は、殺菌成分の入ったワキ専用のクリームやジェルを試してみてください。ちょっとしたニオイなら抑えられる上、肌にダメージを与えません。

TOPへ戻る