No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » 脇の黒ずみ対策クリーム実験 » ターンオーバー力

ターンオーバー力

肌のターンオーバーの正常化によって、黒ずみも解消されていきます。ターンオーバーは活性酸素を除去することで正常化されるので、ここでは「抗酸化力」を検証する実験を行っていきます。

ターンオーバー力に優れた脇の黒ずみクリームランキング

早速ですが、実験の結果に基づいたクリームランキングから紹介しましょう!見事にターンオーバー力1位に輝いたのは、『プリズムホワイト』でした。

プリズムホワイト(スリーフラッグス)
プリズムホワイト (50g/6,480円)

5点/5点

りんごの変色を最も食い止めており、ターンオーバー力の高さを証明していました。抗酸化力に優れたダイズエキスを配合しているのが勝因でしょうか。
別の実験で検証していますが、保湿能力にも非常に優れたクリームなので、乾燥による新陳代謝の低下を防いでくれる効果もあります。
ピューレパール(ハーバーリンクスジャパン)
ピューレパール (30g/8,208円)

4点/5点

イビサクリーム(ファイブテイルズ)
イビサクリーム (35g/7,560円)

2点/5点

アットベリー(メニーナ・ジュー)
アットベリー (60g/6,500円)

3点/5点

シルフィホワイト(チアーズライフ)
シルフィホワイト (30g/8,618円)

1点/5点

ターンオーバー力実験~りんごを使用した検証~

りんごの実験ターンオーバーを乱す原因は、新陳代謝の低下と活性酸素の摂取(酸化)です。活性酸素を予防し除去するためには抗酸化力が必要になりますが、今回は各クリームの抗酸化力を検証する実験を行いました。

りんごは変色しやすい果物ですが、その理由は酸化にあります。つまり、りんごの変色を防止できるクリームは、抗酸化作用があるというワケです。今回の実験では、りんごの断面に5種類のクリームを塗り、6時間後の変色具合を比較します!

商品名 ①アットベリー ②イビサクリーム
検証結果画像 アットベリーの実験結果(りんご) イビサクリームの実験結果(りんご)
 実験結果を見ての感想 皮の近くがやや変色し、少しくすんで見えます。 変色が目立ちます。表面に水分が浮き出ていて、実が乾燥しかけています。
③シルフィホワイト ④ピューレパール ⑤プリズムホワイト
シルフィホワイトの実験結果(りんご) ピューレパールの実験結果(りんご) プリズムホワイトの実験結果(りんご)
表面は変色し、水分も少なくなっているようです。断面全体が茶色くなっています。 全体的に少し黄色がかったくらいで、そこまでの変色は確認できませんでした。 ほとんど見た目は変わっていません。皮にも張りがあり、変色はほぼ確認できませんでした。

リンゴは大きく明暗が分かれる結果に。抗酸化作用をうたうクリームは、その効果を十分に発揮していますが、その他のクリームは変色が大きくすすんでいました。

すべての実験結果をもとにランキング
最強の脇の黒ずみ解消クリームBEST5

TOPへ戻る