No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » かしこい黒ずみ除去クリームの選び方 » テクスチャー

テクスチャー

長く使い続ける脇のクリームですから、テクスチャーもポイントになります。ベタっとした使い心地だとお手入れも長続きしないでしょう。脇に合った質感のものを選びましょう。

脇のクリームはテクスチャーも大切

黒ずみケアのクリームは、ある程度長く使用しないと効果が望めないことがあります。それは、肌にはターンオーバーの周期があり、古い角質が除去されるまで20代なら28日間、30代なら40日間の期間が必要だからです。

黒ずみケアのクリームを使うことで遅れていた脇のターンオーバーは正常に近づいていきますが、一挙に角質を除去できるわけではありません。むしろ一気に角質をオフすると肌荒れなどが起きて黒ずみが加速することがあるので、古い角質はゆっくりと落とす必要があります。黒ずみケアには時間を要するのです。

そこで大事になるのが付け心地です。長く続けるケアになるからこそ、テクスチャーにはこだわる必要があります。

ムレやすい脇に適したテクスチャーは?

黒ずみクリームのテクスチャーは、製品によってさまざまです。硬めのクリームやゆるめのクリーム、ジェルクリーム、ジェル、美容液に似たテクスチャーのものもあります。

硬めのクリームなら肌に密着して長く作用するというメリットがあります。軽めのゆるいテクスチャーは肌馴染みがよいというメリットが。

塗った後にしっとりするもの、サラっとするもの、多少ベタつくものなど使用感も製品によって違います。香りも製品によってローズの香りだったり、ほんのわずかに匂うもの、無臭のものなど色々です。

では脇に適したテクスチャーとはどのようなものでしょうか。脇は手を下げているときは密閉された空間になります。汗をかきやすくムレやすい部分でもあるので、そういった脇の特徴を考えてから選ぶのがいいでしょう。

無臭かほのかに香るものがベスト

特に夏場にコッテリとしたクリームを塗るのはオススメできません。汗とクリームでベタベタ……イヤですよね。服にうつるのでは?といった心配もしたくありません。

やはり脇には軽い付け心地で、つけた後にサラサラになるクリームがベストです。ただし、付け心地だけを重視して効果が薄いのでは意味がありません。しっかり保湿させた上で、サラっと脇に残ってくれるようなクリームを探すようにしましょう。

●季節に関係なく続けられるもの

●軽いテクスチャー

●つけたときはしっとり、その後はサラサラ

こんなクリームをぜひ探してみてください。

また匂いについては、できれば無臭のものがいいでしょう。冬はちょうど良い香りでも夏場は汗と混じって少しイヤな香りになってしまうこともありますし、やはり香りには好き嫌いがあります。無臭のものなら体調や季節に関係なく、長く続けられるクリームになるはずです。

TOPへ戻る