No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » 脇の黒ずみ原因&解消方法まとめ » 解消法その2 ピーリングジェル

解消法その2 ピーリングジェル

古い角質を落としたり、毛穴の汚れを取る方法にピーリングがあります。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促すピーリングは角質を落とす上では即効性があり、黒ずみを緩和することが可能です。

脇にピーリングをする方法

スクラブ洗顔を取り入れたことがある人は多いと思います。小さな粒がマッサージ効果を与え、毛穴に詰まった汚れもオフすることが可能です。

顔などにピーリングをしたことがある人も多いでしょう。AHAなどのフルーツ酸が入ったピーリング剤でゆっくりマッサージすると古い角質が取れてお肌がスッキリします。

こういったピーリングを脇に取り入れることで、脇の角質や汚れを取ることができます。ピーリングには専用のジェルや石鹸が用いられることが多いようですが、重曹や塩などを自分で調合して使用される場合もあるようです。しかし重曹や塩は粒が大きく刺激も強いので、かえって肌を傷めることも。あまりおすすめはできない方法です。

ピーリングジェルの手順

デリケートな脇にピーリングをするなら、やはりピーリングジェルがいいでしょう。スクラブの粒が入ったものよりもケミカルタイプは、より肌に刺激を与えません。

成分などもよく検討し、できるだけ低刺激のものを選ぶようにしてください。潤い成分の豊富なものを選ぶとさらにベターです。

ピーリングジェルを使用したピーリングのやり方は、次の通りです。

1)お風呂などでふやかした、清潔な肌に使用します。

2)脇にジェルを塗って優しくマッサージ。

3)ジェルが古い角質をとらえてポロポロと落ちてきたら洗い流します。

洗い流した後はしっかりと保湿して終了です。

ピーリングは週に何回まで?

低刺激のピーリングジェルを使ったとしても、使用は週1回までがいいでしょう。黒ずみを早く落としたいと思う気持ちはよくわかりますが、何度も行うと肌のバリア機能が傷つけられ、肌荒れを起こしてますます黒ずみが加速されます。

角質は一気に取れるものではありません。肌の生まれ変わりを促すものです。しかし肌は20代で28日、30代で40日しないと生まれ変わらないようにできています。新しい肌を無理に露出させると未熟な肌は自分を守ることができず、ボロボロになってしまいます。

ピーリングは絶対に必要はありません。むしろ肌を傷つけるというデメリットも多い方法です。もしピーリングを行うとしても保湿は必須ですから黒ずみケアのクリームなどを併用し、潤いを充分に与えるようにしてください。

TOPへ戻る