No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » 脇の黒ずみ原因&解消方法まとめ » 原因その3 脱毛

原因その3 脱毛

ワキ毛を生やしたままノースリーブは着られません。しかしワキをきれいにするための処理がワキを黒ずませているとしたら……。ここでは自己流のムダ毛処理が肌に与える影響について考えてみたいと思います。

脇の自己流脱毛が黒ずみの原因に

刺激が肌にダメージを与え、その結果、脇は黒ずんでしまうことはこれまでにも述べてきました。その刺激の代表的なものが自己流のカミソリなどによるムダ毛の処理。肌は大きなダメージを受けてしまいます。

ワキの毛は髪の毛などに比べ、太いのが特徴です。毛穴も大きく、そこに皮脂や角質が詰まると黒いポツポツとなります。毛穴が盛り上がって黒ニキビのような状態になってしまうことも。

こういったポツポツは自己流のお手入れが原因かもしれません。カミソリでわき毛を処理すればいわゆる「カミソリ負け」という状態に。毛抜きも大きなダメージを与えます。

カミソリも毛抜きも使用はNG!

カミソリによって「カミソリ負け」が起こると赤みを帯びることがあります。これは炎症が起こっているということ。こういった炎症はメラニンの色素沈着を引き起こします。

では毛抜きなら良いかといえば、さらに肌を傷めることになります。肌を無理にひっぱるので毛根への刺激も大。肌は刺激から肌を守るためにメラニン色素をたくさん生成し、加えて穴の空いた毛根には角質や皮脂が詰まりやすくなります。

ムダ毛はどんどん生えてきますから、数日に一度や多い人なら毎日このようなケアを繰り返します。すると黒ずみはどんどん酷くなります。

もし自分でムダ毛の処理をするなら、専用のクリームなどを塗ってから電動シェーバーなどを使いましょう。カミソリや毛抜きよりはダメージを与えません。

サロンで永久的な脱毛を

ただし、電動シェーバーも毎日の使用はNGです。剃毛ワックスや剃毛クリームも、カミソリや毛抜きよりはマシかもしれませんが肌を傷めることにかわりはありません。

いちばん良いのはエステや美容クリニックでプロに脱毛してもらうこと。永久的な脱毛をしてもらうことがもっとも肌を傷めません。

ただし、プロに脱毛を任せたとしても肌がダメージを受けないわけではありません。自己流で何度も脱毛を繰り返すよりは肌がダメージを受ける頻度が減る、つまり“マシ”ということです。プロに脱毛を任せた場合も、脱毛した部分をしっかりケアしてあげましょう。黒ずみケアクリームなどで保湿することが大切です。

TOPへ戻る