No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » 脇の黒ずみ原因&解消方法まとめ » 原因その1 メラニンの色素沈着

原因その1 メラニンの色素沈着

脇の黒ずみの理由、第1位は「メラニンの色素沈着」です。メラニンといえば紫外線を浴びたときに増える印象がありますが、それは紫外線が肌に刺激を与えるから。紫外線ではないとしてもワキは刺激を受けることが多く、そのためメラニン色素が増えてしまうのです。

脇は色素沈着しやすい部分

体の中でも、デリケートな部分というのは黒ずみができやすいと言えます。ビキニゾーンやバストトップ、そしてワキ。すべてデリケートで、ダメージを受けやすい部分です。

どうしてデリケートな部分が黒ずみやすいかというと、それにはメラニン色素が関係しています。デリケートな部分がダメージを受けると、肌は自らを守ろうとメラノサイトという細胞が防御反応を起こして活性化します。メラノサイトが活性化すると、今度はメラニン色素が生成されます。

メラニン色素が少しの量であればターンオーバーによって黒ずむことはありませんが、あまりに過剰にメラニン色素が生成されてしまうとメラニン色素は沈着します。これが黒ずみの原因の一つになります。

服のスレ、汗、カミソリ負けなどが大きなダメージに

ワキは皮膚が薄く、肌を守るために太い毛も生えている部分。もともとメラニン色素の生成が多い場所です。そしてダメージを感じると、メラニンの生成量はさらに増えていきます。ではそのダメージにはどのようなものがあるのでしょうか。

1)摩擦

皮膚と皮膚の摩擦も刺激になりますし、洋服がスレて当たるのもダメージのもとです。

2)蒸れ、汗

汗をかいたまま放っておいたり不潔にしておくと雑菌が繁殖し、毛穴が詰まったり、肌もダメージを受けることになります。

3)カミソリなどのムダ毛処理

カミソリなどによる自己流のムダ毛処理も肌に大きな負担をかけます。炎症を起こせばさらに大きなダメージにつながります。

4)女性ホルモンの変化

女性にはエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが備わっていますが、ホルモンのバランスがストレスや加齢、妊娠などで崩れるとメラノサイトが刺激され、その結果メラニン色素が生成されやすくなります。

5)その他

スプレータイプの制汗剤に含まれるアルミニウムなども刺激に。黒ずんだワキを隠そうとファンデーションをつける人もいるようですが、これもよくありません。

生活習慣を見直して脇を刺激から守る

このような刺激がメラニンを増やし、脇を黒くしています。黒ずみケアのクリームなどを使用するほかに、脇がこすれるような洋服を着ないこと、汗をかいたら拭いたり、洗い流したりすることが大切です。

制汗剤もできるだけ使わないほうがいいでしょう。もし使用するなら、できるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしてください。

脱毛はカミソリなどを使わず、プロに任せるほうがいいでしょう。毛抜きで抜くのもよくありません。

ただし、サロンや美容クリニックで脱毛処理をしたとしても脇はダメージを受けます。それでも自己流でしょっちゅうカミソリを使うのよりは、ずいぶんマシ。プロに脱毛をお願いする場合でも、黒ずみケアのためのクリームなどでしっかりケアしてあげることが大切です。

すべての実験結果をもとにランキング
最強の脇の黒ずみ解消クリームBEST5

TOPへ戻る