No more 脇の黒ずみ!最強対策クリームNo.1決定戦

美白と保湿で脇の黒ずみをオフ!本当に効くクリーム見つけました

HOME » 脇の黒ずみ原因&解消方法まとめ

脇の黒ずみ原因&解消方法まとめ

脇の黒ずみの原因はひとつではない

手を大きく上げられなかったり、ノースリーブの洋服を着るときも気になって落ち着かなかったり……。脇の黒ずみはコンプレックスとなり、活き活きとした動作や表情を女性から奪ってしまいます。

でも大丈夫!脇の黒ずみは確実に緩和できます。大切なのはまずその原因を知ること。原因をできるだけ解消し、原因に合った対策を練るようにしてください。

脇の黒ずみの原因はひとつではありません。さまざまな原因が複合的に重なって黒ずみを引き起こしている場合もあります。まずは何が黒ずみの原因になっているのかを知ってほしいと思います。

黒ずみの原因

脇が黒ずんでしまう原因には、大きく分けて3つあります。

1)メラニン色素の沈着

メラニン色素といえば紫外線によって増える印象があります。紫外線を浴びるとメラニン色素がたくさん生成されるので、肌は黒く日焼けします。

メラニン色素が増えるのは、肌が自らを守ろうと防御反応を示すからです。紫外線をダメージとして認識するとメラノサイトという細胞が防御反応を起こし、メラニン色素をたくさん生成してしまうのです。

ところが、実はダメージとして受け取られるのは紫外線だけではありません。細胞がダメージとして認識するものには、次のようなものがあります。

  • 服や皮膚などによる摩擦
  • 蒸れ、汗
  • カミソリや毛抜き
  • 乾燥
  • 女性ホルモンの変化
  • ストレス
  • 制汗剤
  • ファンデーションやニオイ取りの化粧品

これだけのものが脇にはダメージとなり、そのダメージから肌を守ろうとメラニン色素が増えていくのです。

2)古い角質汚れ

角質も大きな原因です。たまった角質によって皮膚が厚くなったり、ターンオーバーが崩れて古い角質がたまり、それが脇の毛穴に詰まってポツポツとした黒ずみになることがあります。

生活習慣や食生活が乱れて皮脂がたまりやすくなると毛穴の黒ずみができやすくなったり、服がスレると角質が毛穴の中に入り込んでしまうことも。汗や汚れも毛穴の黒ずみをつくります。

3)セルフ脱毛によるダメージ

自己流で行う脱毛に限らず、脱毛は肌に大きなダメージを与えます。中でもカミソリによる脱毛は肌に炎症を起こす場合があり、肌の防御本能が働いてメラニン色素がどんどん増えていきます。

カミソリによるお手入れは多ければ毎日行われるので、肌はダメージを受けっぱなしの状態に。毛抜きによる脱毛も肌や毛穴に大ダメージを与えます。

脇の黒ずみ、解消法はあるの?

脇の黒ずみの原因がわかったら、それをふまえて解決策を探りましょう。まずはメラニン色素を生成させないよう、ダメージを最小限にしていく必要があります。

  • スレやすい洋服は着ない
  • 汗や蒸れは洗い流すようにする
  • カミソリや毛抜きによる脱毛はしない
  • 乾燥させない
  • ストレスをためない
  • 制汗剤は使わない
  • ファンデーションやニオイ取りの化粧品を脇につけない
  • 規則正しい食生活、生活習慣にする

これらを実行することで黒ずみを増やさないことが可能です。

その上で「美白」と「保湿」を行います。美白と保湿は、黒ずみケアには必須だからです。またピーリングジェルを用いる方法や皮膚科で治療を受ける改善方法もあります。

ワキの黒ずみを解消する3つの方法

それではワキを白くするための3つの方法を紹介しましょう。

1)ワキの黒ずみケア専門のクリーム

メラニンの生成を抑える美白成分や乾燥を抑えてターンオーバーを促進する保湿成分が配合されている、ワキのケア専門のクリームはたくさん発売されています。その成分は顔の美容液なみで、贅沢な美容成分がたっぷり!

黒ずみの原因にしっかりとアプローチしてくれるので、毎日1〜2回つけることで黒ずみは徐々に改善していきます。無添加や低刺激のものが多いので肌にダメージを与えることもありません。

製品によっては消炎・抗菌作用もあり、雑菌の繁殖を抑えられるのでニオイにも効きます。

2)ピーリングジェル

ピーリングは肌にダメージを与えるのであまりオススメできませんが、ピーリングジェルならさほどダメージを与えません。古い角質をオフできるので、ターンオーバーを促進して黒ずみを改善できる可能性があります。

週1回程度の使用頻度を守ること、塩や重曹などを使った自己流のピーリングをしないことが大切です。ピーリングした後は、黒ずみケア専用のクリームなどでたっぷりと美白・保湿を行ってください。

3)皮膚科や美容クリニックでの治療

皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックでは黒ずみケアのメニューもあります。ただしワキの黒ずみは保険が適用されないので、かなり高額になります。

ケミカルピーリングやイオン導入、レチノイン酸やハイドロキノンクリーム、レーザーホワイトニング、トラネキサム酸の投薬などが主な治療内容です。

専門家のもとで治療できるので安全ですが、ケミカルピーリングの後は肌が乾燥したり炎症を起こすことも。別の保湿メニューが必要なこともあります。

また1回の施術では効果がなく、5〜10回程度受けなければならない治療が多いので、数万円から10数万円かかる治療もあります。

いちばん効果があってお得なのはクリーム!

どの方法にもそれぞれメリットがありますが、価格と効果を比べたときのコスパの良さ、安全性、手軽さを考えると、やはりいちばんオススメしたいのは黒ずみケア専門のクリームです。

黒ずみはすぐには解消できません。これはどの方法を選択しても言えることで、継続する中で徐々に改善していきます。

生活の中で取り入れられることは少しずつ改善し、クリームでツルスベのワキを目指しましょう!

すべての実験結果をもとにランキング
最強の脇の黒ずみ解消クリームBEST5

TOPへ戻る